読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるマーケッターの日常

愛媛松山で個人&中小事業主さんの集客のお手伝いをしている日々を書く

2種類の広告

コピーライターをやっていて名刺交換をしたりすると

「キャッチコピーとか書くんですか?」って言われる。

 

残念ながら、なんかかっこいい文章とかキャッチコピーは書けない。

それよりも売れる広告を書くことに集中している。

 

んで、売れる広告ってどういうものなのか?

いろいろ仕掛けはあるんだけど、読んだお客さんに行動してもらえる内容ってこと。

 

●●という商品・サービスがある

で、いま◇◇というキャンペーンをやっていて▼▼を無料でプレゼントしている

興味があれば今すぐTELを!(あるいは詳細はウェブで)

 

↑はちょっと強引だけど、分解していくとこんな感じ。

売れるか直接効果がわからないような

かっこいい文章もなければ、おしゃれな写真はない。

 

よく、大企業がかっこいいTVCM流したりしているけど、あれは無駄・・・。

企業イメージを良くするという意味ではいいのかもしれない。

 

それよりも、紹介した広告は読んだお客さんの情報を取ることに集中している。

このタイプの広告って少ない。

けれど、売上をめちゃくちゃあげている。

 

インターネット上で、情報商材を売っているところもそうだし

普通のチラシでもそう。

中には、TVCMでもきちんと活用しているところはある。

プロアクティブとかドモホルンリンクルとかね。

 

一般的なテレビCMって

なんかかっこいいデザインだったり、有名なタレントを使って

最後に会社のロゴとかが出て終わり。

見込客に何をしてもらいたいか何にもない。

 

一方、上にあげた2つの会社のCMって、60秒くらいの長めのCMの中で

①お客さんにみてもらって

②サンプル請求してもらう

ってことにものすごく力を入れている。

(使ってみた人の感想とか、わかりやすい使い方の説明、60日間の返金保証など)

 

③で、請求したお客さんには次からはダイレクトメールを送ったりする

④自社の関連商品を販売したり、継続購入を促す

 

ちなみにプロアクティブって、

母体が米国のテレビCMでのマーケティング業界でトップのところだそう。

そら、売れるわな。

 

 

で、チラシ打つならこういうところのを参考にするといいよ

っていうのが今回のお話。

 

いじょー