読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるマーケッターの日常

愛媛松山で個人&中小事業主さんの集客のお手伝いをしている日々を書く

じゃあ、あなたが得られるのは?

先日、街を歩いていたら

通りの真ん中で、チラシを配っている外国人がいた。

 

道行く人に「チョットイイデスカー?」的な感じでチラシを配ってたので

中身が気になったので1つもらうことに。

 

 

どうやら英会話のチラシで、近くの教会が主催しているらしい

文面を見ていくと

 

講師は布教をするために日本にやってきた

英会話は慈善事業?でやってるのでいつでも無料

宗教の勧誘はしない

 

ふむふむ・・・・

 

これあなたならどう思うだろー?

ボクは正直、ウソいうなよ~って感じてしまったんだけど^^;

 

何でそう感じたのか最初はぱっとしなかったけど

あとでふっとわかったのが

あまりにもメリットが大きすぎて逆に怪しいってこと。 

 

考えても見たら英会話だよ

相場は、スクールでも1時間¥1,500~2,000は取るだろうし

個人でなら講師のスキル次第で高額にもなる

 

いつでも無料?初回だけじゃなくて?

 

マーケッティング目線でみれば

英会話を見込み客を集めるサービスとして提供していて

メインの商品・サービスを、集まったお客さんに向けて出しているんじゃないかな

ってどうしても考えてしまう。

 

 

別にそれ自体いいことだと思うし、それでお客さんも喜ぶ内容ならいいんじゃない?

ただ貰った広告からじゃそういったことが書かれてないからわからなかった

 

例えばこれがメインの商品が寄付を募るものならそれでもいいと思う。

ただ寄付をしてもらうんだっていうより、そこで提供できるのが英会話なら

それを書いて、出してもいいんじゃないかなって。

 

宗教ってある意味、世界最古のマーケティングなんだから

 

お客さんを集めて、サービスを提供して、

お客さんとの関係性を築いて継続課金をしてもらう。

 

立派だと思うし、あらゆるビジネスの参考になると思う。

 

誰が言ったか忘れたけど

厳島神社だって、わざわざ海の上に鳥居を建てちゃったから

他の神社と違うっていう売りがあって、いまでもたくさんの観光客がいて

お賽銭が集まるし、周辺のもみじ饅頭とかお土産さんの雇用確保にもなってる

っていうくらいだからね。