読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるマーケッターの日常

愛媛松山で個人&中小事業主さんの集客のお手伝いをしている日々を書く

ヒミツはいらない

これはウチのヒミツなんです。

ここだけの話・・・・


これって興味はあるよね。

聞いている人にとっては、100あるうちの98の情報がある
こうなると残りの2の情報もほしい!

って思うわけ。

ジグソーパズルで残り2ピース足りなかったら
すげー探すじゃん?

余談なんだけど、ディアゴスティーニ
この方法を使ったりもするんだって

あの会社の販売方法めっちゃいいし
上場していたら、株式買っちゃうんだけどなぁ(笑


それはさておいて

もし、この"ヒミツ"あるいは"情報の欠け"は
広告では使わないほうがいい

わからない情報っていうのは

興味をそそる と同時に 怖いから近寄りたくない

っていう感情も引き起こすからね


たとえばエステサロンの広告を見たことがあるけど
「行きたい」 って思うことがない

割引券とか初回無料とかあってもね


なんでだろう?っておもったのは

怖い!どれくらいお金がかかるか不安

っということ。

いくら1回3000円とか書かれていてもさ

 何回いかなきゃいけないのか?
 追加で商品を売り込まれたりしないか?

そういうことってそもそも書いてない。


これってお客さんからしたら不安になるんだよ

果たしてどれくらい時間とお金を使えばよくて
それでいて
どの程度効果があるのかな?

たとえば永久脱毛
って言われても

「永久?それほんまかいな?」って思ったりする。

そこんとこで

  こういう機械をつかって、こういう方法でやりますよ~
  なので、その後は手入れで悩むことはないんです

  一気にやることはできないので、3回にわけてやります
  その後、最初の1年は月1回アフターケアをします


って書いてあるだけでも
「へぇ、そうなのかぁ。」っていう風に変わるからね。


↑もちろんこれはボクの勝手な想像なので
  そうじゃねーとか言わないでね(;・∀・)



お客さんの不安の元、情報の欠けを減らそう!